英文法クイズ(5文型)翻訳するときに役に立つ知識です。

irregular-verb

英文法クイズの中でも翻訳するときに一番役に立つ文法知識が「5文型」です。

特に「主語」「述語(動詞)」を即座に見つけ出すことができるようになれば、日本語⇄英語の双方向翻訳のスピードが増すこと間違いなしです。

ここでは、SVOCMから文型の基本の説明の後に「理解度チェック」の英文法クイズで締めくくれるようにまとめています。

決して楽しい学習項目ではありませんが、辛抱して最後まで読みきって、クイズにみチャレンジしてみてください。

 

英文を構成するパーツ(S, V, O, C, M)

まず最初に5文型の各パーツ、S, V, O, C, Mについて簡単な説明をします。

全ての英文は以下5つのパーツで構成されています。このパーツを理解すると、英文もパズル感覚で分解、組み立てができるようになります。

① 主語 =Subject (S)『~が、~は』

② 述語(動詞) =Verb (V)『~する、~です』

③ 目的語 =Object (O)『~を、~に、~が』 *IO(間接目的語)、DO(直接目的語)

I like coffee. (Coffee = Object (O) )

④ 補語 =Complement (C) 『S=C / O = Cが成り立つ』

My sister is a nurse. (My sister = a nurse)

My brother calls me Ken. (me = Ken)

⑤ 修飾語(句) =Modifier (M) 『上記の各パーツに意味を付け加える語(句)』 

前置詞表現、関係代名詞、時間表現(副詞)などが主な修飾語句
(5文型の要素では修飾語は除外される)

5文型について

第1文型:S+V
『SはVする』主語+動詞だけで文の意味が完全に成り立つ。

  • The meeting started (at nine o’clock.)
    meeting = S, started = V, (at nine o’clock = M)
    (和訳:ミーティングが、始まった、9時に。)
  • The elevator stopped (suddenly.)
    elevator = S, stopped = V
    (和訳:エレベータは止まった、急に。)

第2文型:S+V+C
『SはCである』*S=Cの関係が成り立つ。

  • He is a student (of Douglas College.)
    He = S, is = V, student = C, (of Douglas College = M)
    (和訳:彼は生徒です、ダグラスカレッジの。)
  • Jane became a doctor (after graduating from college.)
    Jane = S, became = V, doctor = O, (after graduating from college = M)
    (和訳:ジェーンはなった、医者に、大学卒業後に。)

第3文型: S+V+O
『SはOをVする』 O(目的語)になれるのは、名詞・代名詞のみ。

  • I study English (for two hours every day.)
    I = S, study = V, English = O, (for two hours every day = M)
    (和訳:私は勉強する、英語を、一日2時間、毎日。)
  • We have many good courses (in our college.)
    We = S, have = V, many good courses = O, (in our college =M)
    (和訳:私たちは、持っている、多くの良いコースを、大学に。)

第4文型: S+V+IO(Indirect Object)+DO(Direct Object) 
『SはIO(人)にDO(物)をVする』*IO (間接目的語)は人、DO(直接目的語)は物であることが多い。

  • (Two days ago) he gave me a nice present.
    (Two days ago = M), he = S, gave = V, me = IO, a nice present =DO
    (和訳:2日前、彼はあげた、私に、すばらしいプレゼントを。)
  • My father bought me a new car.
    My father = S, brought = V, me = IO,
    (和訳:私の父は買った、私に、新しい車を。)

第5文型: S+V+O+C  
『SはOがCである/のようにVする』*「O=C」の関係が成り立つ。

  • You should keep the room warm.
    You = S, should keep = V, the room = O, warm = C
    (和訳:あなたは、保つべきだ、部屋を、暖かく。)
  • She (always) makes me happy.
    She = S, (always = M), makes = V, me = O, happy = C
    (和訳:彼女はいつも、させる、私を、幸せに。)

5文型のおさらい

主語と動詞を見分ける練習です。 各文が第何文型か考えてみてください。如何にM=Modifier(修飾語句)を見抜いて、SとVを見つけられるかがポイントです。

修飾語句がカッコでくくるイメージです。

それでは3問の文型を考えてみてください。

1. The movie started at 7 o’clock.
⇨ 第1文型(S+V), M = at 7 o’clock

2. Ted sent me flowers for my birthday.
⇨ 第4文型(S+V+O+O), M = for my birthday

3. The company set a new record for profits.
⇨ 第3文型(S+V+O), M = for profits

Mを取り除くと、英文はシンプルになります。こうすることで英文の構造を理解できるようになると思います。

英文法クイズ(5文型)

それでは5文型(10問)クイズにチャレンジしてみてください。

英文法クイズ(5文型)x 10問