英語が楽しく学べるクイズサイト「Baamboozle」は英語レッスンを盛り上げる際にお勧めです。

「Baamboozle」これは便利!

英語のレッスンの隙間時間にぴったりなクイズサイトbamboozle.comをご紹介します。英語レッスンのウォーミングアップや、残りの5分の盛り上げツールとして使えそうですよ。

American Association of School Librarians(アメリカ学校図書館員協会)がbamboozle.comを2017年のベスト学習サイトとして選出しています。つまりこのサイトのクオリテーは信頼できます!

完全無料、登録も不要、3回クリックするだけですぐにクイズがスタートできて、しかも厄介な広告の表示もなく、実際の授業で使用してもまったく問題なさそうです。クイズは150種類以上あって生徒のレベルや興味に合わせて選ぶことができます。対戦形式のクイズはどれもとてもシンプルで且つビジュアルもわかりやすいものが多いです。

どのようなジャンルのクイズがあるのでしょうか?以下がそのクイズの一例です。

  • アルファベット学習クイズ
  • 可算名詞 or 不可算名詞の見極めクイズ
  • 国旗当てクイズ
  • 世界の名所クイズ
  • 動物の名前クイズ
  • 天気用語クイズ
  • インターネット用語クイズ

小学生から高校生くらいまで使えそうです。ボキャブラリーの強化や英文法のピンポイントのおさらいにも使えそうです。

国旗当てクイズを試してみましょう!

早速、1つクイズを試してみましょう。国旗当てクイズを実際に子供と対戦してたところとても盛り上がりました!

教室でクイズを楽しむ場合は、プロジェクターや大型モニターにPC画面を映し出すと簡単に「チーム対抗クイズ大会」ができてしまいます。

① クイズ「World Flags」を選択します。

② コントロールパネルから「Play Game」をクリックします。

③ ゲームのタイプを選びます。

ゲームタイプは2種類ありますが、シンプルなのは「Quiz」です。「Classic」はトリックカードが隠されています。まずは「Quiz」を選んでみます。

④ 「Quiz」がスタートします。

出題数は16問。Team 1とTeam 2が順番に番号パネルを1つ選びます。

ではTeam 1が「16!」を選んだとします。

⑤ 出題がポップアップで表示されます。

パネル16の問題:『この国旗はどこの国のものですか?』

上部にはその問題の得点(難易度で得点が変わります)。Team 1が解答したら、下部にある「Check」をクリックします。すると、正解が表示されます。Team 1の解答が正しければ「Okay!」をクリックします。Team 1に20ポイント加算されます。間違えば「Oops!」をクリックします。得点はもちろん0です。

続いてTeam 2が番号パネルを選んでゲームが続きます。

⑥ それぞれ8問、計16問回答するとゲーム終了です。

もちろん正解数が多ければ有利ですが、得点が問題の難易度で異なるので最後まで逆転のチャンスがあります。

問題は全て英語で表示されていますが、例えば「Team 1が勝ち!」を英語では「Team 1 wins!」となることも学べたりします。

🔵 ゲームタイプ「Classic」

更に盛り上がるゲームタイプが「Classic」です。こちらにはドボンやボーナスパネルが隠れています。

こちらが「20点減点!」パネルです。英語では「Lose 20 points!」となります。

こちらは「15点獲得!」パネルです。英語では「Take 15 points!」となることが学べます。

「Classic」は問題数が減ってしまいますが、最後まで勝負の行方がわかりません。


以上がbamboozle.comのとても簡単な楽しみ方です。チーム対抗で毎回クイズ合戦をしたら盛り上がりますよね。ぜひ活用してみてください。