インフォグラフィック『イギリス英語 vs. アメリカ英語:63単語の違い早わかり表』 <英米単語クイズおまけ付き>

世界の共通語となった英語は、もはやイギリス英語 or アメリカ英語の区別は今後は薄れてくるはずとは思いますが、それでもまだ絶大な影響力を持っているのがこの2つの大国、イギリスとアメリカの英語です。

日本ではテキストはもちろんのこと、様々な公共英語のアナウンスもアメリカ英語が多いように感じますが、国によっては発音はアメリカ英語が優勢で、スペリングは主にイギリス英語を基本にしていたりするので、結局イギリス英語でもアメリカ英語でもどちらでも理解できたりします。

今回ご紹介するインフォグラフィックは、イギリス英語とアメリカ英語の代表的な単語の違いを紹介したものです。イラストもわかりやすくとても記憶に残りやすいはずです。

インフォグラフィック(英語: infographics)= 情報、データ、知識を視覚的に表現したもの

最後にはおさらいの英米単語クイズ(30問)のおまけ付きなので、楽しんでチャレンジしてみてください。

ちなみにこのブログではこれまで特徴的な英語を度々紹介してきました。是非興味のある国の英語も聞いてみてください。世界の共通語「えっ!これ英語?」を体感してみてください。

それではインフォグラフィック『イギリス英語 vs. アメリカ英語:63単語の違い早わかり表』を見て行きましょう!

Infographic: British vs. American English 63 Differences

British vs. American English: 63 Differences (Infographic)
Source: www.grammarcheck.net

いかがでしたか?実際にはどちらの単語も理解はしてもらえそうですが、現地の田舎とかでは通じないかもしれませんよ。

『イギリス英語 vs. アメリカ英語』英米単語クイズ

それでは、30の単語を「British English 」or 「American English」を見分けるクイズです。答えは全てインフォグラフィックの中にあります。簡単ですね!

英米単語クイズ: #1-30

「British English」か「American English」か正しく分類してください。