医療関連のお仕事で英語が必要になったら、こちらの「無料英語学習サイト」はいかがでしょうか?

医療関連英語に特化した『無料』学習サイト

来日する外国人が増える中、滞在中に体調を崩して病院に駆け込むケースも増えているそうです。お医者さんの多くは英語が話せるそうですが、看護師の方は結構コミュニケーションで苦労するのだそうです。

以前の記事で紹介した英語版処方箋「くすりのしおり®」の利用が増えている背景には、外国人が日本の病院で診察を受けているからなのだと思われます。医療関係者の方々の職場にも国際化が進んでいるようです。

処方薬の説明が英語で印刷できる「くすりのしおり®英語版」の利用が増えているそうです。

2016.08.05

日々忙しく勤務時間も不規則な看護師の方は英語学校に通うことは簡単ではないと思いますので、今回「完全無料」医療英語専門学習サイト(+ウォームアップ用おまけ)をご紹介します!

ウォームアップ用:Language Guide.com

最初は医療英語特化ではないボキャブラリー学習サイトをウォームアップ用にご紹介します。

「Language Guide.com」は音声付きピクショナリーの定番サイトですが、医療系のボキャブラリーの学習に最適なケージがあります。

The Bodyの項目を選択すると体の部位、医療器具などの画像が表示されるのでクリックすると発音を聞くことができます。とてもわかりやすいイラストの音声付きピクショナリーです。

body sample

こちらのサイトで基本ボキャブラリーが学習できます。ボキャブラリーがわからないと英語学習は楽しくなくなってしまうので、まずはこちらのサイトでボキャブラリーをがっちりかためましょう!

 

医療英語サイト① Hospital English.com

Hospital_English_com

こちらの「Hospital English.com」では、より専門的な医療現場での会話を想定したレッスン用資料がダウンロードできます。自習用にも使えるものも含まれますが、英会話の先生を呼んでこちらを教材にレッッスンを進めてもらうと効率的な学習ができそうです。

例えば、患者さんの体調を確認するワークシートがあったりします。

worksheet

病室での会話(ダイアログ)も練習用に用意されています。(残念ながら音声は含まれていません。)

dialogue

「Hospital English.com」は病院での基本的な対応シチュエーションを想定した内容が多いのが特徴です。

医療英語サイト② Project Care

project_care

こちらのサイト「Project Care」では「うつ、アルツハイマー、アルコール依存症、死」などに直面している患者さんたちとの接し方を、ケーススタディに沿って学習するサイトです。英語が第2言語である学習者向けの内容なので、動画や音声で使用されているボキャブラリー、英語表現もシンプルで且つ丁寧な説明がされています。

想定している学習者の英語レベルは中級から上級となっています。

ケーススタディのビデオで学習する前にボキャブラリーを目と耳で確認できます。

vocab

聞き取った内容の理解度を確認するクイズも付いています。これがなかなか難しいです。

quiz

例えばアルツハイマーについてもっと知りたい場合は、「Health Information」からおすすめのリンクが紹介されています。

かなり充実した内容なのですが全て無料です!こちらはミシガン大学のプロジェクトとのことで、サイトの情報をまとめたテキストも発売されているようです。

以上、今回は医療関連のお仕事で英語が必要となっている方におすすめの医療英語が無料で学習できるサイトをご紹介しました。