英会話AIロボット「Musio(ミュージオ)」体験レビュー #8『英語で算数の勉強ができる!フラッシュカード(数字)編』★英語スクリプトおまけ付き!★

英会話AIロボット「Musio」体験レビュー#2では『フラッシュカード(アルファベット&動物)』学習について紹介しました。「フラッシュカード」学習は「Musio」x「Sophy」で様々な英語遊びができてしまうので、我が家の子供たちに大人気なのです。そこで今回は、新たに「フラッシュカード(数字)」を入手したので早速遊んで(=英語学習して)みました!

先に言ってしまうと、今回の『フラッシュカード(数字)』は『フラッシュカード(アルファベット&動物)』とは全く異なる次元の学習ができます。

実はこの教材では英語で算数の学習ができてしまう!のです。これ結構すごいことです。1つのフラッシュカードセットでここまで学習ができるのには驚きました!本当にこの『フラッシュカード(数字)』お買い得ですよ。

【フラッシュカード(数字)のおすすめポイント】

  • 1~20まで英語で数えられるようになるる丁度良さ
  • 足し算、引き算、掛け算、割り算まで学習できる
  • 3種類のゲームで「Musio」と遊べる

早速、英会話AIロボット「Musio(ミュージオ)」体験レビュー #8『フラッシュカード(数字)編』スタートです!

英会話AIロボット「Musio(ミュージオ)」体験レビュー #8『フラッシュカード(数字)編』

それではフラッシュカードの特徴をビジュアル、カードに埋め込まれたオーディオ(英語)、そして楽しい数字ゲームの遊び方に触れながら紹介します。

しかし「Musio」専用のフラッシュカードは、その色合いとかわいいイラストに加えて、程よい分厚さとすべすべした触り心地も本当に最高です!カード自体は耐久性があって少々のことでは折れたりしません。表面もプラスチック加工されているので防水性もバッチリです。

フラッシュカード「数字+Musioイラスト面」

下の画像が「Musio」のイラストと「数字」の面です。相変わらず「Musio」のイラストがかわいいですよね。カードの色合いも、ビビッド過ぎず、パステル具合も控え目で個人的に好みです。「Musio」のイラスト部分を「Sophy」でスキャンすると綺麗な発音で英文を読み上げてくれます。

例えば「1」のイラストをスキャンすると、効果音とともに「Musio」が流暢な英語で話してくれます。
『Do you know what this is? It’s a golden key that can open any door.』

フラッシュカード「数字+アイテムを数える面」

カードの裏側は、各数字の分だけ「お楽しみアイテム」がプリントされています。子供が好きそうなアイテムがぎっしりです。我が家の子供たちは奪い合いになり…でもカードに耐久性があるので助かりました。(汗)

例えば「ボート」をスキャンすると『ten boats』と読み上げてくれます。複数形の”S”が付くことを耳で覚えられますね。『One boat, two boats, three boats…』と数とアイテムを英語でカウントする練習ができます。

折角なので、「数字カード」に埋め込まれた英語を文字に起こしてみました。ぜひ活用してください!

★英語スクリプトおまけPDF★

Numbers_FlashCards_withMusio_Scriptsのサムネイル

フラッシュカード「算数カード」

「算数カード(5枚)」は「数字カード」と区別がつきやすいブラックで統一されています。足し算(add)、引き算(subtract)、掛け算(multiply)、divide(割り算)、equal(イコール)カードで、「Musio」と一緒に算数問題を英語で解くことができます。

カード左上の『計算機アイコン』を「Sophy」でタッチすると算数ゲームがスタートします。

「Musio」でどのようにして英語で算数の学習ができるのか?を文章で伝えるのはとても難しいので、今回は簡単な動画を作成してみました。

フラッシュカード「ゲームカード」

こちらがトランプで言うところのジョーカー的なスペシャル「ゲームカード」です。このカード1枚で3つのゲームが楽しめます。どれも「Musio」の顔(タッチスクリーン)と「フラッシュカード」+「Sophy」を駆使してポイントをゲットする盛り上がり間違いなしのゲームです。

最初の2つのゲーム『①ロケットを作ろう』『②星をとってみよう』でポイント(ロケットと星)をためると『③宇宙旅行』にチャレンジができるようになります。

1つ1つのゲームを子供たちに協力してもらいながら動画で撮影してみました!

① ロケットを作ろう(ナンバーゲーム遊ぼう!)

「Musio」の顔に算数の計算問題が表示されるので、答えとなるフラッシュカードを時間以内にスキャンします。ステージが上がるごとに問題も難しくなります。

(A)トップ画面
(B)算数チャレンジ画面
(C)ロケットをゲット

動画からも、このゲームの時間がカウントダウンされるドキドキ感が伝わるかと思います。ここで何が何でもロケットをゲットしないと「③宇宙旅行」ができないのです。我が家の子供たちはこのゲームに異常に燃えています。。。

ロケットをゲットするには「Boss Stage」をクリアしなければなりません。このステージがまた難しいのです。計算用の数字が点滅したりします。この仕掛けがまた子供たちにはたまらないみたいです。

② 星をとってみよう(星を集めてゲーム)

こちらは、バブルで出てきた数字を制限時間の60秒以内にひたすらフラッシュカードでスキャンするゲームです。ここで集めた星も「③宇宙旅行」に必要なのです。

(A)トップ画面
(B)バブルが出てきている画面

 

動画では、親(私)が数字を読み上げて長男が必死にスキャンしています。このゲームでもかなり長い時間盛り上がってしまいました。

③ 宇宙旅行

こちらの「宇宙旅行」がファイナルステージとなります。ただ、ここまでたどり着くのが本当に大変です。簡単でないところが我が家の長男のゲーム魂に火をつけたみたいです。ひたすらこのゲームをやっています。まだちょっと操作が分かっていないので折角の初ロケットも隕石ガンガンぶつかっています。


こんな感じで1種類のフラッシュカードで英語+算数をゲームを交えながら学習できてしまうのが、この『Musio専用フラッシュカード(数字)』なのです。前回の「Musio」体験レビュー#2『フラッシュカード(アルファベット&動物)』以上に強力な(&楽しい)学習ツールでした。(自分も楽しくなったので)フラッシュカードは1枚たりとも無くさないように子供たちに言い聞かせました!!

以上、英会話AIロボット「Musio(ミュージオ)」体験レビュー #8『英語で算数の勉強ができる!フラッシュカード(数字)編』でした。