スカイプ英会話(10社)の特徴比較してみました。意外と「どれも一緒」ではない!

スカイプ

スカイプ英会話 – まずは無料体験から始めてみては?

実は我が家はスカイプ英会話家族でして、すでに家族全員が受講経験者です。昨年の夏にはフィリピンセブ島に行って直接先生にも会ってきました!(家族皆感動!)

気軽に英会話を始められるという点でもスカイプ英会話は本当にオススメです。スカイプ英会話はあまりに選択肢が多いのでどれを選んでだらよいのか迷ってしまいますよね。でも目的にあったコースと気の合う先生に出会うことができれば英語学習効果は無限大です。気になる学校があればまずは気軽に無料体験から試してみてはいかがでしょうか?

その① レアジョブ

オンライン英会話の老舗レアジョブの特徴は?と聞かれれば、”安心感”になると思います。三菱物産、KDDI、Yahoo等の有名企業が導入しているだけあってサポートもしっかりしています。国内シェアNo.1は信頼の証ですね。比較検討が面倒な方にはまずレアジョブから始めてみると良いと思います。

その② ぐんぐん英会話

こちらの特徴は1レッスン何と100円という点です。ただしレッスンの時間は15分なので、多くのスカイプ英会話のように25分〜30分のレッスンを受けようとすると2コマ連続で申し込む必要があります。毎日気軽に友達と電話するくらいの感覚で15分レッスンを継続するのもアリですね。コスパ最高。

gungun

その③ オンライン英会話 hanso

ウェブサイトのデザインも洗練されていて特に女性のユーザーを意識している印象です。顧客満足度が95.4%はそう出せない数値です。2回も無料体験がいつでも申し込めるのもありがたいですね。料金プランも、回数(8・12・16回/月)プラン、週2プラン、毎日プランとシンプルで選びやすいです。

その④ エイゴックス

こちらの特徴はズバリ欧米ネイティブ講師(アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド等)によるレッスンです。少々コストはアップしますが、例えば留学先が決まっていてその国の英語に耳を慣らしておきたい方にはぴったりです。

その⑤ スモールワールド英会話

初心者には嬉しいオンライン英会話です。日本人講師+ネイティブ講師がペアティーチングが選択できるのでじっくり基本から学習したい方には最適です。きめ細かい、贅沢な英語学習ができるはずです。日本人講師も実は世界各国に住んでいるバイリンガル講師とのことで、世界中のローカルな情報も得られるかもしれませんね。しかも驚きの24時間いつでもレッスン可!

その⑥ Bizmates(ビズメイツ)

有名どころをここで一つ。ビジネスに特化したオンライン英会話スクール Bizmates(ビズメイツ)です。 講師が「ビジネス経験者」と明言しているだけあってビジネス上の様々な英語のニーズを研究し尽くしたレッスン構成になっています。教材も日本人ビジネスパーソンのために開発された「オリジナル教材」!こだわりがすごいです。

その⑦ マイチューター

特徴はアカデミック英語です。「IELTS」「TOEFL」「TOEIC」「英検対策」などの試験対策のレッスンが充実しています。しかも担任制です!多くの会話系レッスンでは、講師が毎回異なることが多いのですが、試験対策などの計画性を必要とするコースでは担任制が安心です。

その⑧ ベストティーチャー

こちらのスクールも2020年の大学入試改革を見据えて試験対策に気合いが入っている印象です。ライティングとスピーキングを両方鍛えらる点も売りにしています。スカイプは確かに画面で顔を見ながら会話ができるツールですが、同時にチャットもできますのでライティングも同時にレッスンできますよね。ライティングのレッスン紹介動画には相当興味が湧きました。

その⑨ ブレント・イングリッシュ・オンライン

私が1年ほどお世話になっていたスクールです。TESOL(英語教授法)有資格者の講師が多数在籍していることと、ESL界の定番テキスト「Side by Side」やOxford, Cambrigeのものを使用していることがこちらのスクールを選んだ理由です。学習管理システム「スコアダッシュボート」もとてもわかりやすく日々の進捗管理ができます。チケット制で1枚から購入ができるもの無駄なく学習ができるのは本当に助かりました。予約は10分前まで可能で、無料キャンセルは30分前までOKなのは仕事が忙しくなった時には重宝しました。

beo

その⑩ リップルキッズパーク

我が家の小学生二人は「リップルキッズパーク」を2年以上利用しています。子供専門オンライン英会話サービスなので講師も明るくレッスンを盛り上げてくれます。子供達はいつもレッスンを楽しみにしています。使用するテキストもキッズ英語界の超ベストセラー「Let’s go」なので、計画的にテキスト内に盛り込まれた英単語を繰り返し使用しながら自然と会話力が身に付きます。こちらのスクールとは長い付き合いになりそうです。
最近は「英剣伝説」RPG(ロールプレイングゲーム)教材まで開発しているようで、子供が喜びそうな取り組みに余念がありません。(ゲームで学習かぁ…といった思いは正直ありますが)こちらはハマれば英語上達は間違いなさそうです。