無料英語学習サイト『発音・リスニング・スピーキング』全て良し! ”SozoExchange.com”は発音矯正動画がおすすめ!

SozoExchange

『発音・リスニング・スピーキング』3つのスキルを磨けます!

今回紹介するSozo Exchangeはアウトプットを徹底的に強化できる優秀なサイトです。その特徴は”Shadow Talk”という練習方法です。同時通訳の技法であるシャドーイングと同じ方法をこのサイトでは”Shadow Talk”と呼んで活用しています。具体的には英文スクリプトを見ずに、音声のみを聞いて、少し遅れて発話します。その読み上げている自分の音声を録音して採点シートでスコアリングする、というものです。

“Shadow Talk”は結構難しいので、それに至るまで発音・リスニングを丁寧な動画で学習できます。

それでは具体的な中身を見て行きましょう!

Sozo Exchangeのおすすめ学習項目

index

❶ Pronunciations

まずはアメリカ英語の発音を口の形、舌の位置などで音とビジュアルで確認がきます。笑ってはいけません。大真面目です。全アルファベットが動画で網羅されています。発音は口・舌の動くを見て確認するのが一番わかりやすいですよ。ちなみに右端にあるIPA(Internatinal Pronounciation Alphabet=発音記号)の項目では各発音記号の確認もできます。

that

❷ Quizzes

こちらの項目では単語レベルの聴き比べ練習が動画でできます。似たような発音の単語を耳で聴きわけるだけではなく、口の形でも見抜けるか確認してください。

difference

❸ How You Say It Matters

例えば”That’s interesting.”と言っている人が本当に興味を持っていそうなのか、それともただの嫌味で言っているのかを切り分けるヒントが動画で確認できます。どれも1分ほどの動画なので、この項目はすぐにコンプリートしてしまいますが。。。

thats interesting

❹ Shadow Talk

そして最後に試していただきたいのが”Shadow Talk”の項目です。”How-To”の項目でShadow Talkの実施方法も説明していますが、ここにきて突如少々アナログなやり方になります。この練習を最終仕上げに実施すれば、とても結構効果がある気がしました。

話す速度は”Regular”と”Slow”があります。

ShadowTalk

こんな感じのスクリプトがダウンロードできます。

script


<PCで練習する場合の”ざっくり”手順>

  1. PCにヘッドフォンを接続する
  2. スマホで録音アプリを起動&録音を開始する
  3. “Regular Speed”を再生する(ヘッドフォンは忘れずに装着!)
  4. ヘッドフォンから聞こえる英文を少し遅れて読み上げる
  5. 録音をとめて、”Download A Transcript(英文データ)”をダウンロードする
  6. 自分の録音とスクリプト(英文データ)と比べる
  7. 間違った単語数をカウントする(※実際はListening Score, Pronunciation Scoreと分けるそうですが少々難しいので割愛しました。)
  8. 採点する

採点式:(Word Count – 間違った単語数)÷ Word Count = Total Score

実際のスコアシートがこちらです。”Regular Speed”を2回、その後”Slow Speed”を2回実施するのが効果的な練習方法なのだそうです。

score sheet

なかなかタフな練習を要求するサイトSozo Exchangeをご紹介しました。程よいコンテンツ量なのでコンプリートは遠くないと思いますよ。発音・リスニング・スピーキングの独学に使えそうです。