処方薬の説明が英語で印刷できる「くすりのしおり®英語版」の利用が増えているそうです。

prescription

100を優に超える製薬企業が同じフォームで作成するくすりの説明サイトです。実際に処方箋薬局も使用しているデータなので安心して利用できる情報です。

そのくすりのしおり®の英語版の利用がものすごい勢いで増えているそうです。

<毎日新聞医薬品の成分や効果、副作用、用量などを分かりやすく紹介した「くすりのしおり」の英語版を公開したサイトのアクセス数が、ここ3年で約3倍に伸びている。訪日外国人の増加で医療関係者らのニーズが高まっていることが背景の一つとみられる。海外に渡航する日本人も活用しているという。

日本の医療制度は世界でも最高水準!といわれている理由は他国に長期滞在すると実感できます。外国では医療従事者がストライキとか普通にあったりしますしね。。

さてこのくすりのしおり®ではすでに15,000種類以上の薬(日本語)が検索できるのですがその1/3の5,000種類以上が英語化されていました。データも毎日更新されているそうです。

長期海外赴任、海外留学、長期の海外旅行の際には、服用頻度の高い薬の説明(英語版)を印刷しておくと安心ですね。

例えば、うちは子供が熱が出ると「カロナール」を飲ませるとまずは一安心です。

くすりのしおり®でカロナールを検索します。英語版がワンクリックで表示できます。

くすりのしおり_英語版

こんな感じです。レイアウトも同じなので両方印刷しておくと病院にかかる時の説明にとても役立つと思いました。

kusurinoshiori

東京オリンピックに向けてますます訪日外国人数が増加するのは間違いありませんので、様々なサービス業でこのようなサイトにすぐアクセスできるようにしておくと、いざという時に役立ちそうです。

<くすりのしおり®より>
分かり易い表現でコンパクト!
患者さんと、お医者さんや薬剤師さんとの間で、お薬についてもっと対話をして頂きたい!そんな想いから、難しくなりがちな説明を出来るだけ易しく記載し、なおかつ、A4用紙1枚程度にまとめました。

レイアウトや内容も工夫されていますね。特に印刷した時のピッタリサイズ感はさすが日本のサイト!といった印象です。是非くすりのしおり®を活用してみてください!