英語レジュメ(履歴書)とカバーレターの作成のコツを学習&作成できる便利ツール!

resume generator

今回は2つの便利ツールResume Generatorと「Letter Generatorをご紹介します。

今後ますます外資系企業に就職・転職する機会が増えることは確実ですが、最初のハードルが英語レジュメ(履歴書)の作成になるはずです。日本語でも「職務経歴書」の作成には時間と労力がかかりますよね。

それを英語で作成となると。。。もう考えたくなくなります。

ただ、英語レジュメを用意しておくと応募先の選択肢は間違いなく広がります。そこで、とっておきのおすすめツールがResume Generatorと「Letter Generatorです。

もともとネイティブの学生向けのツールなのですが、テンプルレート、作成のコツ、音声ガイダンスも含まれています!

英語学習しながらレジュメも作成してしまいましょう。

レジュメとカバーレターの作成ツール「Resume GeneratorとLetter Generator」

早速、各サイトの中身を説明します。

ツール其の1 Resume Generator

[Get started]から作成を開始できますが、その前に[What is a resume?]からレジュメの概要を確認してみます。

resume generator [What Is a Resume?]のページではレイアウトの各パーツの構成やポイントについて「音声付き」で学習できます。こちらがとてもわかりやすいです。

what

次にResume Typeを選択します。”Chronological”は時系列、”Functional”は機能別の履歴書となります。作成のしやすさでは”Chronological”をおすすめします。 英語のレジュメは最新のものから順に「逆の時系列」で作成することが一般的です。

type

個人情報を入力します。個人情報をサイト上で入力することに抵抗のある方はダミー情報でスルーしましょう!このサイトは練習用と割り切っても良いですね。

fill in

職務経歴、学歴などを入力した後に3種類のテンプレートの中から1つを選択します。

template

あとは印刷するだけです。残念なのが作成途中のデータを保存すると特殊なRWTファイル形式でのみ保存となります。(開封ソフトもいろいろあるようですが試していません。)

ちなみに作成のコツ(Tips)はとても役に立つ情報が詰まっています。[See All Tips]をクリックするとpdfの資料が印刷できます。

tip

特に自分の能力をポジティブに表現する”action word”のリストは必須ダウンロード資料です。

action word

以上がレジュメ作成ツールResume Generatorの概要です。

続いてカバーレター作成ツール「Letter Generatorの使用方法を説明します。

ツール其の2 Letter Generator

 

こちらのサイト「Letter Generatorでもレジュメ提出の際にはカバーレターは”必須”であると説明しています。ツールの使用方法はResume Generatorと同じです。

Letter_Generator

カバーレターのサンプルもわかりやすです。

letter sample

レタータイプも「Friendly Letter」と「Business Letter」が選べます。ここでは「Business Letter」を選択します。

type of letter

あとは各ステップごとに必要情報を入力するだけです。

  1. Heading(見出し)
  2. Inside address(宛先)
  3. Salutation(Dear〜など)
  4. Body(本文)
  5. Closing(結びの言葉)
  6. Signature(署名)

さらに封筒の記入方法の詳しいインストラクションpdfまであります。

envelope instruction

以上、今回はレジュメ(履歴書)とカバーレターを学習しながら作成できる便利ツールをご紹介しました。是非活用しみてください。