シンプル英語でウィキペディア検索!のススメ『Simple English Wikipedia』

ウィキペディアのシンプル英語版『Simple English Wikipedia』をご存知でしょうか?

誰でも一度は使用したことがあるフリー百科事典サイトのウィキペディアですが、実は非英語ネイティブ向けにSimple English Wikipediaというサイトが存在しています。

このサイトのすべての記事はシンプルなボキャブラリーと文法によって作成されています。英語学習者には最適な百貨辞典です。

ちょっと気になる物事や人物を調べるときにこのSimple English Wikipediaを活用してみてはいかがでしょうか?

記事数は約12万以上(ブリタニカ百科事典で50万記事)ありますのでほとんどの調べごとはこちらで済ますことができそうです。

“英文で理解する”感覚を身につけるには、多読が一番手っ取り早いスタートです。

<Simple English Wikipediaトップページより>

We use Simple English words and grammar here. The Simple English Wikipedia is for everyone! That includes children and adults who are learning English. There are 118,673 articles on the Simple English Wikipedia.

 

取り急ぎ、”Vocabulary”をSimple English Wikipediaで検索

すると興味深い説明がありました。

5歳で4,000~5,000語、大卒で20,000語のボキャブラリーを理解しているそうです。ただし、どの言語でもす3,000語のボキャブラリーがあれば、言いたいことは伝わるのだそうです。NGSLの単語数ですよね。

You only need 3000 words to say what you need to say.The most used words are short words. That is true in all languages.

ただ、3,000語は5歳児以下のボキャブラリー数なのです。もっと上を目指すしかないですよね。基本単語をマスターしてから、ジャンル(ビジネス、アカデミック等)を絞り込んで効率良くボキャブラリーを増強して行きましょう!

尚、このSimple English Wikipediaでは、記事によって音声録音されているものもあります。こちらも活用できそうです。自分で調べた事柄をネイティブの録音に沿って声に出して読んでみる=音読はとても効果的なのでこちらもオススメの学習法です。

多読と音読ができる無料サイトはこちら以外にもありますのでまた今後ご紹介したいと思います。