『英語の冠詞』”a” か ”the” かとにかく気になる

日本語にはない感覚で理解するのに苦労するのが「冠詞」です。

はっきり言って「a」でも「the」でもどっちでも良いのでは?と感じる瞬間は多々あるのですが、微妙に間違った日本語を話す外国人のようなどこか気持ちの悪い英語の使い手から脱出するにはこの「冠詞」も避けては通れない文法の項目です。

『”a” か ”the” かとにかく気になる』ようになればすでにあなたの英語はかなりのレベルです!

本記事では”ザックリ”と概要の説明とあわせて、絶対読んでおくべき『伝説の英語学習本』もご紹介します。本記事とあわせて読んでいただければ必ずスッキリするはずです。

冠詞はなかなか手強いです。名詞の前には“a” or “the”?

今回は名詞の前に付く冠詞、“a” か “the” のどちらが正しいのかよく迷ってしまう件について書きたいと思います。

英語を普段から使用している方でも、この“a” か “the”の問題は度々遭遇するはずです。街中で見かける英語表記には、どうも“the”を多用している印象が強いです。

また日本人の書く、話す英語にも、とりあえず“the”を名詞の前に付けてみる、という傾向が強くあるように思います。理由はわかりませんが、theを付けた方がカッコ良いような感覚もあります。

少し調べてみました。

<“a”のdefinitionで最もメジャーなもの>

used before singular nouns when the person or thing is being mentioned for the first time

<”the”のdefinitionで最もメジャーなもの>

used to indicate a person or thing that has already been mentioned or seen or is clearly understood from the situation

上記はほんの一例です。“a”“the”のdefinitionは、どちらも10通りほどあって、実際のところ、この“a” か “the”を正確に理解して使い分けることは、まさにネイティブ感覚を養うためのとても良いトレーニングになります。目立たないですが、奥が深い学習ポイントになります。

状況によっては“a” “the”が間違って使用されるだけで、相手に与える言葉の印象がだいぶ変わってしまう困ったことが起きてしますことがあるのです。

『冠詞』”a” か “the”感覚を理解するための方法

① ネイティブが書いた英文を読む際に、”a” と “the”の使い方に意識を向ける

どうやらネイティブからすると、“a” か “the”問題は、感覚で身につけるもののようです。『日本人の英語』を読了後に、洗練された英文の“a” と “the”の使い方に意識を向けてみましょう。

以上、今回は“a” か ”the” かとにかく気になる、について書いてみました。

是非、街を歩きながら、“the”が多いなぁ・・不気味だなぁ・・という感覚を身につけてください。

② 日本人の英語(マーク・ピーターセン著)を読む

1988年に出版された新書です。日本人の英語の特徴をユーモアたっぷりに説明している英語学習者の必読バイブルです。

 

ちなみにマーク・ピーターセン氏による続編も出版されています。痒いところに手が届く日本人の英語の特徴(間違い)の説明書です。コメディのような内容で笑いながら読みきれます。