無料英語学習サイト「英語発音入門」

英語発音入門

英語音声学をシンプルに

こちら英語発音入門は甲南大学の先生方が作成・公開しているサイトです。こんなにシンプル・明瞭で、音声学の入門を分かりやすく説明しているサイトはそうありません。大学外の一般に無料で公開しているのは本当に太っ腹です。広告やアカウント作成も一切ありません!

個人的にも英語教授法(TESOL=Teaching English to Speakers of Other Languages)を学習していた時に音声学の授業を受けましたが、正しく発音するためには発音のメカニズムを理解し、口の筋肉に覚えさせることは、耳で発音を覚えるよりもはるかに容易で確実であるこを体験しました。

例えばアメリカに10年生活しているとしましょう。自然に綺麗な発音を身に付けることができる人、一向に母国語の発音の癖が強すぎて相手になかなか理解してもらえない人が存在します。耳の良さには個人差が存在します。母国語の発音 vs.英語発音の違いによっても差が出てきます。これらの差を乗り越えるための近道が「英語の発音のメカニズム」を理解することであると確信しました。

英語の発音のメカニズム

この英語発音入門では第一部「英語を実際に話す時には…」として、まずは発音記号単位ではなく、文を読み上げる時、つまり実際に英語を話す時の英語発音の特有ポイント(メカニズム)を分かりやすく説明しています。英語はリズミカルな言語です。一方日本語は平坦なリズムの言語です。その特徴を問題形式で学べます。イントネーションを変えるだけで『Yes』が4種類の意味になるって知っていましたか?

第一部

第二部・第三部は子音と母音の練習です。

苦手な発音は母国語によって違います。例えば韓国人の英語学習者が”f”の発音が特に苦手なのは結構有名です。「I play golf.」が「アイ・プレイ・ゴルプ」に聞こえてしまいます。

日本人にとっての苦手な発音はもう決まっています。このサイトでは日本人の学習者に特化した形で発音練習がまとめられています。

子音 母音

 

以下は発音の仕方(メカニズム)を口の動き・舌の位置を確認しながら練習できます。これだけでも他のサイトにはない、素晴らしい学習ツールです。

口の形

以上、日本の大学発の英語発音サイトをご紹介しました。こちらのサイト英語発音入門を活用して英語発音の筋肉(顎周辺)を鍛えてください!

 

スポンサーリンク