子供に学ばせたい習い事「英語・英会話」に続く人気急上昇中の”あの”習い事とは?

scratch

ケイコとマナブ.netが毎年発表する「子供の習い事ランキング」(2016年版)で今ひそかに順位を上げてきている習い事があるようです。

2020年から小学校で必修化が確定しているあの教科(?)です。

以下ケイコとマナブ.netより引用

「習わせたい」習い事では英語が昨年に引き続き1位に!
「英語・英会話」は、「今習っている習い事」とは傾向が異なり、前年に引き続き全体トップ。小学校低学年では1位に浮上した。
また、「パソコン関連」は小学校高学年・低学年で順位を上げ、全体でも10位にランクイン。
高学年ではさらに「実験教室」も順位を上げており、「今後習わせたい習い事」では学習関連の習い事が順位を上げる結果となった。
現時点では「パソコン関連」を実際に習っている子供は多くはないが、小学校でもプログラミング学習必修化の流れの中、家庭でパソコンに触れる環境がなくとも、授業での体験を通じてその面白さに気づき、「もっとやってみたい」と考える子供は増えてくるだろう。
今後受け皿となる教室が増加してくれば、「今習っている習い事」での順位も上昇してくることが予想される。

そうなのです。もうご存知の方も多いかと思いますが、プログラミングの習い事がかなり人気が高まってきているのだそうです。

そこで、個人的にキッズ・プログラミングの世界を色々調べてみたり実際に子供と講座を受けてみたりしてみました。

そしてわかったこと=英語とプログラミングは相性抜群&楽しい

今キッズ・プログラミングが熱い!

コンピュータ言語自体、英語で書かれていることもあり、またそのトレーニング用のツールも外国(特に米国)ではすごく先に進んでいることもあり、様々な情報は英語で入手ができます。

トレーニング用ツールは多々あるのですがその中でも最も人気のあるのがネコのキャラクターで有名な「Scratch(スクラッチ)」と呼ばれるプログラミング練習ツールです。

この「Scratch(スクラッチ)」は米国の名門大学MIT(マサチューセッツ工科大学)が無料で提供しているキッズプログラミングツールで日本語化もされています。ただ、部分的には英語が必要であったり、英語が理解できるともっともっと楽しみ方が倍増するツールでもあります。

ちなみに現在多くのプログラミング教室ではこの「Scratch(スクラッチ)」を活用してレッスンをしています。

NHK教育テレビでも厚切りジェイソンがいい感じで番組を盛り上げてくれる「Why!? プログラミング」が放映されています。

今後も英語学習も意識しながら、キッズ・プログラミング関連の情報をまとめて行きたいと思います!