『便利な英語句読点リスト』英語の句読点(パンクチュエーション)の使い方を極める!

punctuation

英語句読点リスト(基本編) 必須句読点ベスト20

句読点の基本的な使用方法を理解しておくとワンランク上の英文が書けるようになります。英語ネイティブでも意外と間違って使用しているのが句読点なので、ネイティブに勝る英語を書きたい方、プロフェッショナルな英語ドキュメントを作成したい方は「句読点の基本」は確実にマスターしておきましょう。

<英語句読点リスト(基本編)>

20種類の基本句読点(パンクチュエーション)です。こちらの使い方は全て覚えておきましょう!

記号名称読み方主な使い方
.periodピリオド平叙文を完結する記号。
!exclamation markエクスクラメーション・マーク簡単文を完結する記号。
?question markクエスチョン・マーク疑問文を完結する記号。
,commaカンマ文を分かりやすく、かつ読みやすくするために使用する。
;semicolonセミコロンカンマの働きを強め、文をはっきりと区切りたい時に使用する。
:colonコロン総括的情報と詳細情報を分ける時に使用する。
"aaa"double quotation marksダブル・クォーテーション・マーク題名を囲む時、誰かの言葉を引用する時、語句を強調する時に使用する。
'aaa'single quotation marksシングル・クォーテーション・マーク引用文中にさらに引用文を用いる時に使用する。
aaa’sapostropheアポストロフィ所有格、短縮形を表す時に使用する。
aaa-aaahyphen, dashハイフン、ダッシュ挿入語句の前後で丸括弧やカンマと同じ用途で使用される。
aaa_aaaunderscoreアンダースコアコンピュータのデータ名、URL、eメールアドレス等でスペース(空白)の代わりに使用する。
(aaa)parentheses/round bracketsパレンセシス、ラウンド・ブラケット丸括弧は情報を付加する時に使用する。
[aaa]square bracketsスクエア・ブラケット角括弧は引用文や外国語訳の引用で使用されることが多い。
/slashスラッシュ文脈によって「または」か「および」を表す。URLの区切りの記号。
\backslashバックスラッシュ(コンピュータ)円記号「¥」の代わりに使われる。
*asteriskアスタリスク脚注を表す時に使用する。
@at signアット・サイン単価(1個の価格)を表す時に使用する。eメールアドレスでは、ユーザ名とドメイン名を分けるために使われる。
#hash, number sign, pound signハッシュ、ナンバー・サイン、パウンド・サイン番号を示す数字の前に置かれる。
check markチェック・マーク「YES」の代わりに使用する記号、代わりに[X]を使用することもある。
bullet pointバレット・ポイント項目をリストして見やすく説明する時に使用する。

英語では使用しない注意すべき記号

続いて、日本語ではよく使用される記号/句読点でも、英語では使用しない、または文字化けをしてしまうものも多々あります。特にeメールで文字化けするとスパムメール扱いになって「迷惑フォルダ行き」となってしまう場合もあるので、ビジネスでは注意が必要です。

<英語では使用しない記号>

  • 郵便番号:  〒 
  • 括弧記号:【】、「」、『』、、《》、〈〉
  • 丸囲み数字: ①、②、③、④、⑤
  • マルバツ記号:○、×

上記以外にも「矢印記号 →」「米印 ※」「何々から記号 〜」などの日本キーボード特有の記号は文字化けする可能性大です。

英語句読点(応用編)

更に英語句読点を極めたい方にはこの1冊をおすすめします。

イントロダクションに説得力のある説明がありました。

どうして『朝日英語スタイルブック』が必要なのか?

どんなに英文法に詳しくボキャブラリーが豊富でも、英文作成のルールを知らなければ、英語圏の国々でも通用する文章を作成することはできません。

書類作成の日本での「常識」が海外では通用しない場合も多く、正しく英語の文章を作るためには英語圏のスタンダードなルールを学ぶ必要があります。

本書は世界で通用する英語のスタンダードなルールをまとめた、日本人のための英語のルールブックです。

こちらは一生ものの一冊です!スタイリッシュな英文を作成したい方には本当におすすめです。


以上、今回は『英語句読点』についてまとめてご紹介しました。「英語句読点リスト(基本編)」と「英語では使用しない注意すべき記号」は英語学習者(初級・中級)には是非とも意識していただきたい項目です。