キッズプログラミング「スクラッチ(Scratch)」で英語学習!『スクラッチカード英語版②』<英単語クイズ付き>

前回の『スクラッチカード英語版①(Animate Your Name Cards)』に続いて、今回は『スクラッチカード英語版②(Make It Fly Cards)』でプログラミングと英語を学習して行きます。

スクラッチのオフィシャルサイトの「Help」ボタンから、今回の練習テーマ『Make It Fly Cards』がPDFフォーマットでダウンロードできます。

今回も「Make It Fly Card」に出てきた英単語は最後の「英単語クイズ」でおさらいできるようにしています。

それでは早速スクラッチカード(Make It Fly Cards)英語版でプログラミングの練習を始めましょう。

スクラッチカード – Make It Fly Card

※画像引用元:スクラッチオフィシャルサイト

今回のカードでは7つの練習タスクがあります。最後のタスクでは簡単なゲームが出来上がりますよ!

タスク① Choose a Character

スクラッチに登場するスプライトの代表キャラ「猫」が空を飛ぶプログラムです。とてもシンプルなものからスタートします。

  1. スプライトは「Cat1 flying」を選びます。
  2. Backdrop(背景)の「blue sky2」を選びます。
  3. 3つのスクリプトブロックをスクリプトエリアで組み立てます。
  4. say~のところに「Time to fly!(飛ぶ時が来た!)」と入力します。

これで猫が飛びながらセリフを言うプログラミングが完成です。

タスク② Start Flying

次は建物のスプライトを右から左に動かして「猫」が飛んでいるように見せるアニメーションを作成します。

  1. 新しいスプライト「Buildings」をリストから選びます。
  2. ステージ上に表示された「Buildings」を右端にマウスでドラッグします。これでx座標の数値が決定します。ここでは250と入力しています。そして「-5」ずつx座標が移動するブロックを挿入します。
  3. 全部で⑤つのスクリプトブロックをスクリプトエリアで組み立てます。

建物が右から左に移動することで猫が飛んでいるように見えますね。

タスク③ Switch Looks

今後は移動するごとに建物のデザインが変わるようにプログラミングします。「コスチューム」タブをクリックすると3種類の建物が確認できます。

  1. 先ほどのスクリプトブロックに「Next Costume」のブロックを追加します。
  2. さらに「猫」が遠くを飛んでいるように見えます。

「猫」にも動きが欲しくなりませんか?次のタスクに進みましょう。

タスク④ Move with Keys / Make IT Interactive

上下左右に「猫」動かすことで建物にぶつからないようにキーボードで操作します。

  1. スプライト「Cat1 Flying」を選びます。
  2. キーボードの矢印キー(arrow key)を操作すると上下左右に動くようにスクリプトブロックを組みます。
  3. 全部で4種類のブロックをスプライト「猫」にプログラミングします。

これで「猫」が本格的に空を自由に飛び始めました。

タスク⑤ Floating Clouds

空といえば雲です。ここでは緑のカテゴリー「Operators(演算)」を挿入することで雲の出てくる位置をランダムに設定します。

  1. 新しいスプライト「Clounds」を選びます。
  2. 「Clouds」にプログラミングブロックを組みます。
  3. y座標のブロックの中に、Operatorsのカテゴリーから[pick random ~]を選んで挿入します。
  4. これで「Clounds」に全8種類のスクリプトブロックを組んだことになります。

雲が流れるようになって臨場感がアップしました!

タスク⑥ Flying Hearts

続いて、空を自由に飛びながら「ハート」をゲットするプログラミングを追加します。

  1. 新しいスプライト「Heart」を選びます。
  2. 「Heart」に6種類のスクリプトブロックを組みます。

※ポイントはrandom position(= どこから出てくるかわからない)で設定するところです。

これでハートをゲットするゲームっぽくなってきました。

タスク⑦ Collect Points

最後にハートをゲットするごとにスコアをもらえるようにします。

  1. カテゴリーの「Data」から「Make a Variable」ボタンをクリックします。(*variable = 変数)
  2. ポップアップの画面で「Variable」の名前を「points(得点)」と入力します。
  3. 続いて、スプライト「猫」に新しいスクリプトブロックを作成します。作成した変数(オレンジ)のブロックを順番を間違えないように組み立てます。
  4. 全部で7種類のブロックを組んだことになります。

これで「フライングハードゲットゲーム by 猫」が完成です。うちの子は出来上がったらちょっと感動してましたよ!

日本語ブロックの答え

タスク① Choose a Character

タスク② Start Flying

タスク③ Switch Looks

タスク④ Move with Keys / Make It Interactive

タスク⑤ Floating Clouds

タスク⑥ Flying Hearts

タスク⑦ Collect Points

スクラッチカード英語版 – 英単語クイズ(Make It Fly Cards)

それではスクラッチカードに出てきた英単語をクイズ形式でおさらいをしてみましょう。全部で10のマッチングに全問正解できれば「Make It Fly Card」の英語は全てOKです!

スクラッチカード英単語クイズ: #1-10

正しい組み合わせを選んでください。