まだ日本で知られていない最新のAI(人工知能)テクノロジーを「英語学習」しながらご紹介!

最新のAI(人工知能)テクノロジー『厳選7つ』を英語学習しながら紹介します。

海外(特にアメリカ)ではここ数年はAI(Artificial Intelligence=人工知能)テクノロジーを駆使した新ビジネス(AI Startup)が熱いです。

例えば自動掃除機「ルンバ」は世界中で売れまくったヒット商品ですよね。今、更なるビジネスチャンスを狙った進化系AI(人工知能)ロボットが続々登場中ですよ。

今回は、まだ日本ではあまり知られていない(であろう)AI(人工知能)ロボット、サービスの中で特に「インパクト」のあるものを厳選しました。

各商品・サービスの“Selling Point”(セールスポイント)を英語学習の題材にしながら、動画も交えて楽しく紹介して行きます。

① Auro(電動自動運転シャトル)

まずは明日にでも導入されそうなAI(人工知能)テクノロジーの電動自動運転シャトルAuroから。

ウェブサイトのトップにある紹介文からその“Selling PointとKeyword”を確認します。

100% Autonomous, Electric Shuttles
These are 100% autonomous and electric shuttles designed to navigate busy campus pathways without requiring any physical infrastructure changes.

<Auro’s keywords>

  • autonomous = 自立した、自主的な
  • navigate = 移動する
  • pathway = 歩道、通路
  • require = 必要とする
  • physical = 物理的
  • infrastructure = インフラ、基盤、(基礎)構造 

それではAuroが実際に動いている動画を見てみましょう。この自動運転シャトルは広い大学や工場、シニアが共同生活するような施設で需要がありそうですね。

近々優秀な学生がいたずらでハッキング!みたいな事件が発生するかもしれません。

② Relay(案内係ロボット)

続いて、ホテル、病院、レストランなどで案内係として活躍する(ことを想定した)ホスピタリティー・ロボットRelayをご紹介します。

Meet Relay
Relay is a beautifully simple autonomous delivery robot who increases productivity, revenue, and delight to people in a range of industries and organizations.

<Relay’s keywords>

  • autonomous ➡︎ 先ほども出てきたロボット工学(Robotics)のキーワードです。
  • productivity = 生産性
  • revenue = 収益
  • delight = 喜び
  • in a range of = 〜の分野で

それではRelayが実際に働いている様子を動画で見てみましょう。こちらは英語字幕機能が使用できます。ネジマークからナレーションの速度も調整できますよ。

ホテルでは人経費削減に一役買っているようです。このようして人間のする仕事が減っていくのですかね。。。

③ Jibo(Social Robot = 社交ロボット)

自宅での使用を想定したSocial RobotJiboは日本語対応版も準備中のようです。内臓のカメラは「顔認識・音認識」をしながら「主人」とコミュニケーションをとることができます。

He’s wired differently
Jibo experiences the world, and reacts with surprisingly thoughtful movements and responses that show he’s no ordinary bot. So while he’ll gladly snap a photo or send a message, he’ll also get to know you and the people you care about, for more meaningful relationships.

<Jibo’s keyword>

  • surprisingly = 驚くほどに
  • thoughtful = 思いやりのある、心のこもった
  • ordinary = 普通のもの
  • bot = 知的エージェント
  • gladly = 喜んで
  • meaningful = 意味のある、有意義な

それでは強烈なインパクトのあるJiboの動きを見てみましょう。確かにスムーズなコミュニケーションができています。

jibo

(実は)独特な爬虫類的動きが個人的には苦手でした。。。正直、Jiboが自宅にいるとリラックスできないかなぁと思いました。

④ Buddy(Companion Robot = 友達ロボット)

続いてフランス発の友達ロボットBuddyです。こちは「ふざけているのか?」と思えるほと斬新なキャラです。フランスの「Kawaii」はこういう感じなのでしょうか。。。

THE COMPANION ROBOT
BUDDY is the revolutionary companion robot that improves your everyday life. Open source and easy to use, BUDDY connects, protects, and interacts with each member of your family.
Not content with being just a companion, BUDDY is also democratizing robotics. BUDDY is built on an open-source technology platform making it easy for global developers to build applications.

<Buddy’s keywords>

  • revolutionary = 革新的な
  • companion = 仲間、友達
  • interact  = 交流する
  • be content with = 〜に満足している
  • democratize = 民主[庶民]的にする

それではインパクト十分の強烈キャラのBuddyの実力を動画でご覧ください。こちらは日本語字幕も出せますよ!

実力はすごい!でもデザインは本当にこれで良いのでしょうか。。。

⑤ CleverPet(ペット用ハイテクおもちゃ)

発想がすごい。

こちらのCleverPetはペット専用のAI(人工知能)ロボットです。こちらを使用すると、主人の不在時にもペットが退屈せずに時間を過ごせるのだそうですよ。

What our humans are saying:
What my husband and I both noticed was that it was a gradual process where he (the dog) would first only press the center button, but then he realized that the side buttons also worked and so he would alternate between two of them. Not always the same two though. Either the left pair or the right pair (never the right-most and left-most). He usually stuck with the same pair for the whole period he was eating. And, at one point he started randomly alternating between all three buttons. It was at this point that I think he finally got the point of the lights.

<CleverPet’s keywords>

  • notice / realize =気づく
  • gradual = 段階的な、緩やかな
  • alternate = 交互に行う、交互に入れ替える
  • stick with = ~をずっと続ける、~のそばを離れない
  • at this point = その時点において

このCleverPetのサイトにはこの動画以外にもたくさんのペット動画がリンクされています。確かに、犬がAI(人工知能)にはまっていくの様子が見れます。

スマホのアプリからも遠隔操作ができたりします。

「人がAI(人工知能)を介してペットをコントロールするツール」とは言い過ぎでしょうか。。。

⑥ AiCure(遠隔医療クリニック)

医療関連はAI(人工知能)を活用したビジネスは間違いなく拡大するはずです。こちらのAiCureは医療機関が遠隔で患者をケアするツールです。

Do you know if your patients are taking their medication? We do.

WHAT WE DO: We use artificial intelligence (AI) on mobile devices to confirm medication ingestion in clinical trials and high-risk populations.

HOW IT WORKS: The HIPAA-compliant software captures evidence of medication ingestion. Real-time data are centralized for immediate intervention and longitudinal tracking of adherence patterns.

<AiCure’s keywords>

  • patient = 患者
  • medication = 投薬、医薬
  • ingestion = 摂取
  • clinical trial = 臨床検査
  • population = 集団、人々
  • compliant = 準拠[対応・適合]した
  • evidence  = 証拠
  • centralize = 集中させる
  • immediate intervention = 即時の治療介入
  • longitudinal = 長期的な
  • adherence = 順守

AiCureを実際に使っている動画をみて見ましょう。ちゃんと薬を飲んでいるかを口を開けて証明する様子がすごいです。

aicare

高齢化が進む日本でも導入される可能性がありそうですね。

 ⑦ iDAvatars(遠隔ドクターアバター)

もう一つ医療関連のAI(人工知能)ツールを見つけました。こちらがおそらく本命です。

iDAvatarsはその名の通りアバターが先生となって患者さんを診断するテクノロジーです。IBMが開発した質問応答・意思決定支援システム「Watson」が使用されています。

A TALE OF TWO AVATARS
The merger also brings together the latest wunderkinds in AI development, the amazingly talented Sophie and Kate. Sophie is a highly advanced, emotionally intelligent Avatar who provides patient care and data feedback for our healthcare clients. She talks, she listens, she comforts, soothes and relates. Sometimes with a wicked sense of humor. Kate is a brilliantly executed Virtual Assistant who provides 5-star customer service for our financial, insurance, education, healthcare, retail, government and other clients. She can guide a customer through even the most baffling applications, instructions and forms, happily answering questions and charting progress along the way. Although each is unique in their own way, both avatars share a common purpose — to help take care of your customers and patients, and to make sure everyone gets exactly what they need. Including, most importantly, you.

<iDAvators’ keywords>

  • merger = 合併
  • wunderkind(独) = 神童
  • comfort = 安心させる
  • soothe = なだめる
  • wicked = 最高の、いたずら好きな
  • executed = 実行(稼働)済みの 
  • baffling = 不可解な、難解で当惑させる
  • application = 申込書

それでは「Watson」を使用したAvatar「Sophie」のとんでもなくナチュラルな対応に驚いてください!

これはもうAI(人工知能)の概念が吹っ飛ぶほど人間的な感情のある対応です。数年後にはもう一般的なサービスになっているかもしれませんよ。

最後に・・・

AI(人工知能)はアイディア次第で常識をひっくり返すような新商品や新サービスが誕生する可能性を秘めた分野です。

今回登場したAI(人工知能)はどれも開発者の意気込みを感じるものでした。今後どの商品・サービスが生き残っていくのかこれからがとても楽しみですね。

(でも今回はAIの怖い一面も見えてきた気がしました。正しく、上手に活用したいテクノロジーですね。)

スポンサーリンク