これから利用が増える予感です。旅行特化型ウェアラブル翻訳機『ili(イリー)』とは?

2017年1月に製品発表会を開催して登場が待たれていた旅行特化型ウェアラブル翻訳機ili(イリー)が(個人的に油断している間に)じわりじわりと観光地や空港での利用が増えてきているようです。2017年9月から大分県別府市で『ili(イリー)』の試行運用もスタートして、様々なメディアでも紹介され始めていますね。

『ili(イリー)』は日本を訪れる外国人観光客への「おもてなし」の一つとして活用するツールと思いきや、すでに英語以外の言語にも対応していて、今後は海外のマーケットでの展開も想定されているようです。久々にメイドインジャパンのデバイスが世界で大ヒットする予感がしませんか?

旅行特化型ウェアラブル翻訳機『ili(イリー)』の主な特徴(株式会社ログバーより)

  • インターネット接続不要
  • 「ワンフレーズの旅行会話」に特化することで高精度の翻訳を可能に。
  • 一瞬で翻訳(最速0.2秒)
  • 機械学習による精度向上
  • 英語、中国語、韓国語対応(*今後更に追加予定。)

まずはそのテクノロジーをお洒落なプロモーション動画(英語オンリー)で観てみましょう。英語字幕をバッチリ表示できるので、デバイス好きには英語学習用としても使えそうな内容です。日本発の「Wareable Translator」が世界に向けて勝負を挑む内容です!(※個人的にもとても期待しています!がんばれ日本のテクノロジー!)

ほんの1分強の動画なのでテクノロジー英語に集中してください。

『ili(イリー)』の潔さはしっかりビジネスでの『交渉・商談は苦手』と言い切っています。旅行特化型にすることで「勉強用のデバイス」というよりは「楽しむデバイス」としての魅力が際立って”持ち歩きたいデバイス”として仕上がっている印象です。

『ili』は「旅行」に特化した翻訳機のため、商談・交渉・医療現場・専門用語などの翻訳は苦手です。(株式会社ログバーより)

また、旅行に特化したからこそ、少々翻訳結果が荒くてもそこはその場のノリで切り抜けられそうです。このデバイスがあれば外国人とのコミュニケーションがもっともっと楽しくなること間違いなし!

旅行特化型ウェアラブル翻訳機『ili(イリー)』の動画いろいろ

実際にこの旅行特化型ウェアラブル翻訳機『ili(イリー)』を使用している動画をチェックすると、このデバイスの魅力がわかるはず!

別府市 x『ili(イリー)』

「世界初!友達都市!」のキャッチフレーズで別府の長野市長自ら頑張るキャンペーン動画です。別府市の人たちが『ili(イリー)』を活用して盛り上がっている様子が楽しそうです。

『ili(イリー)』in ハワイ

日本人観光客がハワイで『ili(イリー)』を使うオフィシャル動画です。反応の速さがすごい!これならコミュニケーションが止まることないですよね。

『ili(イリー)』in 台湾

こちらは台湾で『ili(イリー)』を使うと地元の女の子と仲良くなれる、という動画です。女の子はたびたび英語で返していますが、『ili(イリー)』きっかけでめちゃくちゃ盛り上がってますよ!

『ili(イリー)』x 台湾人 in ジャパン

今度は日本に来た台湾人の団体ツアー客60名が『ili(イリー)』を使ってショッピングをする内容です。団体旅行で全員が『ili(イリー)』を使用するとなればビックなビジネスになりそうです。

『ili(イリー)』x 韓国人 in ジャパン

韓国人が原宿で買い物をしています。特に買い物でのワンフレーズ翻訳で『ili(イリー)』が役立っていることが分かります。

『ili(イリー)』体験記 by 有名なユーチューバー

こちら有名なユーチューバーがハイテンションの中国語で『ili(イリー)』を紹介する動画です。今回「Ryuuu」さんのことをこの動画で初めて知ったのですが何かこの人のノリノリでいい感じです。

「Ryuuu」さんのことが詳しくでていたので紹介します。

茨城大学を卒業したマレーシア出身のRyuuuと同級生の台湾に留学経験のあるYumaのカップルが、日本を拠点に、日本人の日常生活、日本中の旅行、すぐ使える日本語会話日本語単語、日本人考え方のインタビューなどのテーマについて中国語と日本語半分半分で 「Ryuuu TV / 學日文看日本」から発信している。人柄が和やかなRyuuuと天真爛漫なYumaちゃんの二人は視聴者にとって身近な存在で、動画のテンポが軽快で、早くも中華圏のYouTube視聴者の心を掴んだ。3ヶ月で10万近くの登録者数が急増し、現時点(2016年7月25日)22万人近くに上った。総計8億人以上が視聴している6つ中国大手動画プラットフォーム(Youku, Tudou, Iqiyi, Sohu, Tencent, Bilibili)でも展開。

引用元:BREAKER

 


以上、これから利用が増える予感がする旅行特化型ウェアラブル翻訳機『ili(イリー)』をご紹介しました。このデバイスが世界中の観光地で当たり前に利用される日がくるのか!!楽しみです。