国を3つのアルファベットで表示する「国名コード」とは?

olympia

オリンピック中継をテレビ観戦している際に結構気になって何度も調べたのが「国名コード」でした。国旗の横に「JPN」「USA」など3文字で表示されるコードが意外とわかりにくいのです。

国旗もなんとなく見たことがあるのですが、どうしても3文字のヒントで国名が特定できないのです。うちではクイズみたいにして楽しんでいました。

少し調べるとこの3桁のコードはISO(国際標準化機構)が定義した国際規格で『ISO 3166-1』と呼ばれていることがわかりました。

以下が国旗と共に「国名コード」が確認できるWikipediaのページです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ISO_3166-1

こちらのページ「アイウエオ順」「アルファベット順」どちらでもソートができるのはとても助かります。国名は英語では別読みだったりしますので。

例えば以下は想像できますか?難しいですよね。規則性があるようでないのです。

  • CHE(スイス)
  • HRV(クロアチア)
  • CRI(コスタリカ)
  • PRI(プエルトリコ)
  • ZAF(南アフリカ)
  • BDI(ブルンジ)

このページを開きながらオリンピック中継を観戦すると本当にモヤモヤがすっきりしますね。今後、国際スポーツイベントを観戦する際には「ISO 3166-1」(?)を手元に置いておきましょう!