外国人が喜ぶプレゼント「堺の包丁」プロ用の和包丁シェアNo.1!(英語学習おまけ付き)

Japanese knife

プロ用の和包丁シェアNo.1「堺の包丁」を料理大好き外国人のプレゼントにいかがでしょうか?

テレビ番組「Youは何しに日本へ」でも度々登場する”包丁を買いに来たYou”ですが、誰もが日本の包丁の品質は世界一!とコメントしていますね。

その中でも大阪府堺市は「和包丁」の産地としてとても有名です。堺市は国内刃物シェアはたったの7%なのですが、プロ用の和包丁に関しては”何と90%以上”を生産しているのだそうです!

とてもわかりやすい「堺の包丁」の生産現場の動画をリンクさせてもらいました。職人技が惜しみなく披露されています。まずは「堺の包丁」について、こちらで学びましょう!

<庖丁 和泉利器製作所 ニッポン食遺餐探訪 vol.19より>

これぞ日本の技!日本の生産技術は本当に世界に誇れるものばかりですね。

英語でサンキューメッセージ(包丁 version)

<“包丁”ボキャブラリー>

  • 包丁 = (kitchen) knife *複数形 knives
  • 包丁= Japanese kitchen knife
  • 包丁の先 = the point of a knife
  • 包丁の峰 = the blunt (dull) edge of a knife
  • 包丁研ぎ器 = knife sharpener
  • 包丁を研ぐ = sharpen a knife
  • ~を包丁で切る = cut ~ with a knife
  • 包丁で~をみじん切りにする = chop ~ with a knife
  • 包丁をつかむ = grab a kitchen knife
  • ~を包丁の背でたたく =pound ~ with the back of a knife

<“包丁”の使い方 in English>

どちらも和包丁に特化したものではありませんが、英語の”包丁の使い方”マニュアルです。手入れの仕方なども詳しく説明されています。

http://www.wikihow.com/Use-a-Knife

以下は包丁の研ぎ方マニュアルです。こちらは動画付きなので英語マニュアルも理解度が増します。

http://www.wikihow.com/Sharpen-a-Knife

<Thank You Messageサンプル>

“You can sharpen your cooking skills with this best Japanese kitchen knife from Sakai.”
「堺の日本一の和包丁で料理の腕を磨いてください。」

コメント:Sharpen(= 磨く・研ぐ)つながりでベタですが、分かりやすいメッセージですかね。

“Please add this to your kitchen knife collection. Enjoy slicing Sashimi with this!”
「あなたの包丁コレクションにこちらを加えてください。刺身を切るのを楽しんでくださいね。」
コメント:料理のベテランなら、刺身を切ればわかるはず。和包丁の切れ味!世界一!

オススメ「堺の包丁ショップ」

『堺英(さかいひで)』

親子2人の堺打刃物伝統工芸士による堺の本格包丁が購入できるサイトです。しっかり手入れをすれば「一生使える」こちらの包丁。見た目の美しさがサイトの画像でも十分に伝わってきます。「包丁教室」というページでは和包丁に関する知識も得られますので、購入前にじっくり検討できますね。

“名入れ”も可とのことで、外国人へのプレゼントとしてはもう完璧ですよね。

今回は和包丁の最高品「堺の包丁」を外国人用プレゼントとしておすすめしてみました。