外国人が喜ぶプレゼント「書道グッズ」(英語学習おまけ付き)

shod

日本マニアにチャレンジングな「書道グッズ」はいかが?

日本人でも書道ははかなり渋めの趣味になるかと思いますが、シニアの間では「書道」「写経」は認知症防止効果もあるとのことで、とても人気のあるのだそうです。確かに公民館などの講座では必ず書道コースはありますね。

日本語上級レベルの外国人なら「書道グッズ」をいきなりプレゼントされても、結構楽しんでくれそうな気がします。書道半紙・写経用紙の専門店『十川製紙』 でいくつか面白そうなアイテムを見つけたのでご紹介します。

① 書道バックセット

基本中の基本ですが書道バックは専門店で入手するのが安心です。ケースの色が「黒」と「赤」あるのも良いですね。価格もリーズナブルですよ。

② 写もじ(魚介類編)

寿司ファンなら魚介類の漢字の写もじには必死にチャレンジしそうですね。

③ 写経用紙と筆ペンセット

超上級者向けの気軽に写経ができるセットです。呉竹美文字筆ペンの最高の書き味も楽しめます。

書道を英語で学ぼう!

<書道ボキャブラリー>
  • 書道 = calligraphy
  • 書道家 = calligrapher
  • 筆 = brush
  • 墨汁 = Bokuju, liquid ink
  • 墨 = Sumi, inkstick
  • 硯(すずり)= Suzuki, inkstand
  • 文鎮 = paper weight
  • なぞる = trace
  • ひと筆の動き、1画 = (a) stroke
  • 書き順 = stroke order
<ウェスタンな書道 in English>

WikiHowにCalligraphyについての面白いhow to情報がありました。Write in Calligraphyのページでは、Western Calligraphyについて準備からそのコツまで詳しく紹介しています。まずは定規で線を引くとこから始めるのですね。日本の書道とはCalligraphyでも全くことなるものであることに気づきます。

wikihow

 

日本の書道(in English)についてはWikipediaのこちらからさらっと情報を入れておきましょう!

<Thank You Messageサンプル>

“Why not you start Japanese calligraphy? With your Japanese proficiency, it is going to be another challenge for you. Yes, you can! ”
「日本の書道を始めてみては?あなたの日本語能力で、次のチャンレンジをしてみてください。できるはず!」
コメント:会話力がパーフェクトでもライティングが苦手な外国人は多いはず。書道にハマれば日本語上達は間違いなしですね。

“I look forward to writing me a letter in Japanese sometime soon. Then, I will get back to you in Japanese, Okay? Thank you so much for everything.”
「今度日本語で手紙を書いてくださいね。私も日本語で返事書きますから。いいですか?本当にありがとう。」
コメント:ひらがなでも手書きの手紙をやり取りできるようになったら素晴らしいですね!

以上、今回は日本語上級外国人が喜びそうなプレゼントとして「書道グッズ」を提案してみました。