『世界のビジネスアイディア#6』持ち主不在のスーツケースの中身を専門に販売するビジネス

今回ご紹介する『世界のビジネスアイディア』は、持ち主不在の空港に残されたスーツケースを買い取って、中から出てきたものを綺麗にして販売するビジネスUnclaimed Baggage Centerです。

日本でも定期的に開催される電車内の忘れ物セールは大盛況のようですが、アメリカはさすがにスケールが大きいです!空港に忘れ去られたスーツケース専門の忘れ物ビジネスです。

遺失物は日本と同様にアメリカでも90日間保管された後、処分されるそうですが、この「Unclaimed Baggage Center」はスーツケース専門というところが、モノが大きいだけあって、開けてびっくり!宝の山もあるかもしれないという期待感が高まります。

日本でも似たようなビジネスはあるようですが、ここまで大規模に営業している例はないと思います。売り場面積は何と3800平方メートル!はすごいですよね。アラバマ州の人気観光地の一つなのだそうです。

「Unclaimed Baggage Center」についてもう少し詳しく画像と共に(英語学習しながら)確認してみましょう。

ビジネスアイディアとしてはありがち。でもスケールが違う!『持ち主不在のスーツケースの中身を専門に販売するビジネス』

このビジネスは相当儲かってそうですよ。ウェブサイトもとても見やすくお金をかけて作っている感じがします。

早速ですが「About Us(会社紹介)」から。

About Us – Unclaimed Baggage Center

about_us
  • unclaimed baggage = 持ち主不在のカバン
  • host = 迎え入れる

毎日何千ものアイテムが入荷されるのだそうです。アウトレットモールとかよりも、よっぽど掘り出し物もありそうなので楽しそうですね。

店内イベント “THE BAGGAGE EXPERIENCE”

毎日午後2時半から開催されれるイベント”The Baggage Experience”がとても楽しそうです。

Ever wonder what it’s like to open an unprocessed bag at Unclaimed Baggage? Join us daily at 2:30 pm Mon.-Sat. and you may get the chance to experience it for yourself.  Every bag tells a story, you never know what you might find!

  • unprocessed = 未開封の

未開封のスーツケースをその場で開封するイベントです。当然ながら使用済み靴下とかがでてくるのですよね。でも、マグロの解体ショーなんかよりも断然盛り上がりそうですね。鍵とかはどうやってこじ開けるのでしょうか???

The_Baggage_Experience

メディアでの紹介動画はでは、驚きの「鎧の忘れ物」

ほんまかいな!の紹介動画はこちらから。アメリカは本当にエンターテイメント上手ですねぇ。

suit_of_armor

日本の鉄道関連の忘れ物でも「信じがたいアイテム」が紹介されていたりしますが(入れ歯、カツラなど)、スーツケース専門の「Unclaimed Baggage Center」は更に特大の驚きの忘れ物が出てくるのでしょうね。

ウェブサイトではビジネスをスタートしたきっかけや、その後のビジネス拡大の歴史も読むことができます。創業45年!でこのサイズのビジネスになったサクセスストーリーなかなかのものです。

以上、今回は『世界のビジネスアイディア – 持ち主不在のスーツケースの中身を専門に販売するUnclaimed Baggage Centerをご紹介しました。もしアラバマに行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてください。