『英語でつくる和食 完全版』は贈り物に最適。カラーの料理写真も素晴らしい!

読んだ本

これ一冊あれば、一生困りません。

実家に一冊はありますよね。「カラー」+「大判サイズ」の料理本。今回ご紹介する『英語でつくる和食』は定番メニュー満載の和食料理本の完全版です。日本に興味のある外国人にプレゼントすると喜ばれること間違いなしです。(重いですが一生使ってもらえるかと)

昨今の和食ブームを反映させた「ヘルシー」なメニューが満載です。大判サイズの本なので料理の写真がほぼ実物大です。料理する際にイメージしやすいですよね。もちろんどのメニューもカロリーが明記されています。

表紙

レシピー以外にも日本文化の紹介されたりします。(英語・日本語併記です!)
日本を紹介する時に活用できそうな表現・語彙も豊富に含まれています。贈り物用として所持しているうちにあげたくなくなったりします。(←私の場合、結局自宅用に一冊あります。)

日本の文化

もちろんレシピーもとてもわかりやすいです。味噌汁の種類だけでも12種類紹介しています。お吸い物も9種類!Japanese Soupが20種以上作れるようになります。

 味噌汁

もちろんにぎり寿しのページは充実しています。にぎり寿しが握れる日本人は少ないと思いますのでこの本で自分で学んだりもできます。

握り寿し

寿しの握り方もバッチリ学べます。外国人にはここまで詳しく紹介している本は本当に喜ばれると思います。事前に練習しておいて、海外滞在時にホームパーティーなどでにぎり寿しを披露したら相当人気者になれますよ。

握り方

キャラ弁のページもあったりします。アニメの国の芸術作品!とか言って、会話も盛り上がりそうですね。ここまでランチにこだわる国は他にありません。

キャラ弁

最後に目次の一部をご紹介します。「日本伝統のお菓子」のレシピーまで網羅されています。自宅でなかなか作らないものばかりですが、作り方を知っているだけでも自慢できますよ!そして最後に「和食のマナー」のページでは正しい箸の持ち方を細かく説明しています。日本人でも知らないような情報がぎっしり詰まっています。

インデックス

個人的にはレシピー本の英語は「Direction」指示文スタイルでとても勉強になっています。仕事柄、英語マニュアル・手順書を読んだり、書いたりすることがあるので、読んでいて「なるほど」表現にたくさん出会えます。指示文スタイルは何かを教える時にも役立ちます。「please」さえ加えておけばどのような場面でも的確な説明ができるのでとても便利でシンプルな英語表現です。

間違いなく贈り物に最適ではありますが、自宅用にも「あり」な英語(学習)本です。