英語の楽しさに気づいて欲しい!『英語でわかる!日本・世界』を小学生に読んでもらいたい!

books

英語を必修科目で学習する前に…

今回ご紹介する『英語でわかる!日本・世界』はウチの長男に読ませたくて購入しました!一学期も終わって何か「頑張った賞」をあげたいなぁと思い、行きつけの書店ウロウロして見つけたのですが、本当に良い内容なのです。英語=勉強と思い込んでしまう前にさりげなく読ませてみてはいかがでしょうか?

目次:

  • 第1章 私の仕事を紹介します
  • 第2章 外国人から見た日本の「魅力」〜サムライと新幹線
  • 第3章 外国人から見た日本の「不思議」
  • 第4章 日本を知ろう、言葉を学ぼう

著者は通訳ガイドを30年もされている方で、最初の「第1章」でご自身の仕事との出会い、その楽しさを本当にわかりやすく紹介しています。「通訳ガイドになる」という夢を実現させるまでのストーリーも小学生にはとても刺激になると思いました。

日本を発つときに、「あなたと旅してもっと日本が好きになったわ。また絶対に来るからそのときもガイドしてね」などと言っていただけたときには、この仕事をしていて本当に良かったと感じます。

 

通訳ガイドのお仕事は日本の素晴らしさを紹介することでしょうから、この本ではその具体的な例が豊富に紹介されています。

外国人は日本のどこに魅力を感じているの?

近年、日本に来る外国人で増えているのが、子ども連れのご家族です。・・・こうした家族に「どうして日本を選んだんですか?」と聞いてみると「子どもが日本に行きたがったから」・・・「小さいときから日本のゲームで遊び、テレビでアニメを見て育ったから、いつの日か日本に行きたかった」のだそうです。

上記感想は「Youは何しに日本へ」でもよく聞きますよね。

本の中では(さりげなく)社会的なデータ「国別訪問外国人数」「平均寿命」「国民所得」「世界の犯罪率」などが紹介されていて、なかなか勉強になります。データ自体も2014年くらいものが多く古さは感じません。

印象に残ったエピソードです。通訳ガイドならではですね。素晴らしいメッセージです。

京都や鎌倉を案内していると・・・団体で歩いてくる小学生のグループとすれ違うことも多いのですが、そのうちの一人が「ハロー」と声をかけてくれることがあります。私のお客様はそうして声をかけられると、とてもうれしいらしくすぐに「ハーイ!ハロー!」と笑顔で返事をします。・・・お客様は日本人に歓迎されていることを肌で感じ、ますます日本の印象が良くなっていくのです。・・・みなさんも遠足や修学旅行で外国人を見かけたら、ぜひ勇気を持って、「ハロー!」と笑顔で声をかけてあげてください。みなさんにとっても、また外国人にとってもなによりの思い出になるはずです。

2020年の東京オリンピックに向けて来日する外国人がますます増えるはずです。それまでに日本を胸張って紹介できる子どもが増えることに期待します。この本は英語が話せることの楽しさに気付くきっかけになる「素晴らしい本」であると思いました!